TOP > こだわり > My Favorite CD > 2010年 My Favorite CD

2010年 My Favorite CD

コラリー・クレモン ルゥからの手紙  

My Favorite CD として、お気に入りの CD を整理しようと思いましたが、途中から遅々と進展せず、フレンチポップについても、当該 CD 以外に数点あったのですが、先送りして今日に至ってしまいました。

これはいけないと、Coralie Clément (コラリー・クレモン)だけ年内に整理をしました。

心地よい音楽が FM から流れてきて、この人は誰と調べたのが、彼女を知るきっかけでした。

音楽一家に生まれたコラリー・クレモン。

彼女のこのデビューアルバムは、ミュージシャンであり、名プロデューサーの兄、パンジャマン・ビオレーが全面プロデュース。

コラリーも、ヴァネッサ・パラディやジェーン・バーキン、フランソワーズ・アルディを聴いて育ったとのことで、正に私の中の直球フレンチポップでした。

また、国内盤のこのアルバムは、ボーナストラックとして FPM の田中さんのリミックスが入っていました。

2010.12.30

愛内里菜 LAST SCENE (初回限定盤DVD付)  

GIZAのアーティストが続いてしまいましたが、このアルバムも、発売と同時に購入しました。

今年で引退ということで、今更のように、いったいどんなアーティストだったのかと、今までの彼女のアルバムを聴き直しました。

デビュー当時の愛内里菜は、トランス系やクラブ・ダンス系の曲が多く、心地よいビートであっても、歌詞に注目するということはありませんでした。

私の中で変わってきたのは、2008年の「TRIP」あたりからでした。

そして2009年の「THANX」、「MAGIC」。

「MAGIC」については、どこかで曲への思いを語っていましたが、今振り返ると、いつの間にかメッセージを感じるアーティストに成長していた事を感じました。

引退の話、そして「HANABI」を聴いた時は、本当に立派なミュージシャンになったことを感じました。

今回のアルバムは「LAST SCENE」ですが、今年発表された曲はどれも心に響きます。

アルバムの最後のメッセージ「おつかれさまでした。みんなありがとうございました。」

本当におつかれさまでした。体をいたわり、自分らしい人生を歩んで欲しく思っています。

2010.10.29

GARNET CROW THE BEST History of GARNET CROW at the crest...  

今年、発売と同時に購入した、GARNET CROWのベスト盤の Limited Edition 盤です。

このアルバムの魅力は、何といっても通常盤にはない「Disc3」の選曲です。

GARNET CROW…。

私自身、歌詞よりはメロディ、リズムが大好きで、歌詞は二の次と考えている傾向が強い中、私にとってGARNET CROWの魅力は、何といっても、中村由利が作り出すメロディそのものです。

作曲をして別の人に歌詞を書いてもらい、それを自らが歌う。

彼女にとって生み出されるメロディ。それは、彼女自身に流れる音楽で、書かれた歌詞は、自身のメロディの一つの解釈。

恐らく中村の音楽には永遠に近づけないもの。

心地よいメロディだけが、中村由利を理解する音楽ではないかと、私は勝手に解釈をしています。

2010.06.01

Ann Sally day dream  

2003年の5月頃だったと思う。「道の駅 明治の森・黒磯」の「ファーム・レストラン」でコーヒーブレイクをしていると、なんとも心地よい歌が流れてきました。

ジャズは聴いていたのですが、その声が誰なのかわからず、思わず店員に流れている音楽の歌手、アルバムについて尋ねました。

その結果、この歌手、アルバムの事を知り、帰宅後、早速そのアルバムを購入をしました。

また、この事が Ann Sally さんを知るきっかけとなり、その後は追いかけるように Ann Sally さんのアルバムを購入しました。

今でも心に残るのはこのアルバムです。

2010.06.01

赤い鳥 コンプリート・コレクション  

プレーヤーが壊れて「竹田の子守唄」のLPが聴けない状況の中、どうしても赤い鳥が聴きたくなり購入したのが、ソニーミュージックダイレクトの「赤い鳥 GIFT BOX」でした。

そのアルバムは、4枚組のセレクトアルバムで、しばらくはそれで満足をしていました。

しかしセレクトアルバムは、高校当時に聴いていたアルバムとは異なるため(たとえば「祈り」などはアルバムの収録順に意味があり)、どうも好きになれません。

結局、2006年11月に、この「赤い鳥 コンプリート・コレクション」を買い直しました。

やはり懐かしいのひとことです。赤い鳥は、当時から非常に完成度の高いグループで、音楽のクオリティも高く、「祈り」のアルバムを聴いた時は、今まで聴いていたフォークソングとは全く異なり、本当にビックリしました。

また、「赤い鳥 コンプリート・コレクション」を購入して一番嬉しかったのは「レア・トラック」です。当時の貴重な音源が満載でした。

2010.02.09

LAURA PAUSINI Best of Laura Pausini  

2002年頃だったと思う。沼田(群馬県)のピエモンテで食事をしていると、流れている女性ボーカルの歌があまりに魅力的で、訊いてみると、イタリアのラウラ・パウジーニとのこと。

帰って速攻で買ったのがこのアルバムでした。

デビューからのベスト盤のため、彼女の歌を知るには最良のアルバムでした。

イタリア音楽というと、ジジオラ・チンクエッティの「雨」くらいしか記憶になかった中、既にイタリア音楽シーンではスーパースターで、女性ボーカリストとしてヨーロッパでも人気があり、アルバムも大ヒットしていることを初めて知りました。

後にイギリス盤のDVD「Live 2001-2002 World Tour 」を観ましたが、非常に熱狂的なライブで、いかに彼女が人気があり、支持されているかがわかりました。(このDVDは、ファン必見です。)

ラウラ・パウジーニについては、その後、英語圏向けのアルバムもヒットしましたが、やはり私が好きなのは、イタリア語で歌うアルバムです。

2010.02.02

Petty Booka BLUE LAGOON~ペティブーカの青い体験  

1998年。初めて買った Petty Booka(ペティブーカ)のアルバムがこのアルバムでした。

その後、インディーズ時代のアルバムを含め、5枚のアルバムを購入しましたが、その中でこのアルバムは名盤です。

何とも下手そうな二人の歌い方ですが、これが聴き始めるとなかなか頭からはなれず、非常に心地よいものでした。

「WILLIN'」は、Linda Ronstadt のカバーもいいのですが、こちらも聴かせます。

「THE HASEGAWA GENERAL STORE」は、ハワイではよく歌われるとライナーノーツに書いてありましたが、このアルバムで初めて聴きました。

また「ADIOS」に至ってはペティブーカ最高と思ってしまいます。

関口和之さんの「ウクレレ カレンダー 」の中のペティブーカもなかなかです。

途中からメンバーが変わってしまいましたが、やはりペティブーカは、初代のPetty(アサノサトミ)、Booka(ススキダユウカ)が印象に残っています。

2010.01.31

ロシュフォールの恋人たち ― オリジナル・サウンドトラック  

この映画を初めて見たのは、1998年に DVD が発売された直後で、実に、映画が作られて20年以上経ってからでした。

この映画の魅力は、カトリーヌ・ドヌーヴ、フランソワーズ・ドルレアックの美しい姉妹もかわいいのですが、何といっても曲がめちゃくちゃ素敵でした。

ジャック・ドゥミ、ミシェル・ルグランのコンビは「シェルブールの雨傘」を作り、それから2年、さらに磨きがかかった今回の音楽には、完全に魅了されました。

この後、もう10年程前のことですが、「J-WAVE」にゲスト出演していた「川勝正幸」氏が、ミシェル・ルグランが歌を歌っているアルバムがあって、それがいいと云っていたので、当時、ルグランのアルバムを探し「Legrand Chante」を購入しました。

ルグランは経歴もさることながら、その才能は本当にすばらしいと感じました。

フランスに興味を惹かれる中、フランス語を勉強したいと思うようになったのは、この映画だったように思います。

2010.01.28

岡村孝子 私の中の微風  

Jazz 中心だった20代も30代になると、いままで煩わしかった言葉もどこか恋しくなり、周りで流れる音楽にも、自然に耳を傾けるようになりました。

そうした中で心惹かれたのは岡村孝子さんでした。

当時、このアルバムに収録されている曲をラジオで聞いて、彼女のことを知り、すぐアルバムを購入しました。

「あみん」が活動中止となり、一人で音楽活動を続ける中、社会に出て、今までとは違う世界を知り、その中で揺れ動く一人の女性の思い。おぼろげながらも自分の世界を模索する若い感性に素直に共感し、応援したいと思いました。

今聞き直してみても、キラキラした若い才能、勢いを感じる一枚です。

初めて行ったコンサートは、1989.12.16の「CHRISTMAS PICNIC」で、それ以降は、毎年夏と冬の2回、また多い時は年3回、コンサートに通いました。

特に「コニファーフォレスト」は、2年連続して通いましたが、本当に楽しいひとときでした。

2010.01.27

BOB DYLAN Live at Budokan  

今年、またボブ・ディランが来日しますが、最初にボブ・ディランを観たのは、1978年の「ボブ・ディラン・ジャパン・ツアー」と題した11日間の初来日ツアーでした。

東京、大阪、東京でコンサートがあり、後半の東京公演(日本武道館)チケットを手にして、あこがれのディランを観に行きました。

曲が始まると何の曲かわからず、歌詞が始まって初めて曲がわかるというアレンジにビックリ。

またバックのサックス、フィドル、コーラス等が斬新で、心躍る思いで聴いていたのが思い出されます。

会場は、外国人の声援もあり、国内外から注目されたコンサートなのだなぁとも感じました。

最後の「いつまでも若く」、「時代は変わる」は、勘ぐりたくなるほど意味深に感じられ、自分が時代のまっただ中にいる思いを感じました。

その後、この時の内容がアルバムとしてリリースされることを知り、LP を購入して何度となく聞き返したのを覚えています。

その後レコードプレーヤーが壊れてそのままになってしまいましたが、CD 再発で驚喜し、買い直しました。

今でも手持ちの好きなディランのアルバムというと、このアルバムになります。

2010.01.25

岡林信康 狂い咲き  

高校時代、夢中になって聴いていた岡林信康氏。

当時のレコードはプレーヤーが壊れてそのまま。時は流れ、フォークソングもすっかり聴かなくなってしまいました。

それが1992年に「復刻盤」としてリリースされた「狂い咲き」を手にして、一気に昔の思いが蘇ってきました。

それからことあるごとに聞き返し、その都度いつも頭はノックアウト。

当時、この「私達の望むものは」のアレンジにびっくりし、酔いしれていたのが昨日のことのようです。やっぱり懐かしい。

また、初めて買った岡林信康氏のLPは、ビクターSFレーベルの「岡林信康の世界」で、このCD化も待っているのですが、こちらはなかなかリリースされません。

しかし昨今、岡林信康氏のアルバムは、紙ジャケットCDのリリースもあり、昔聴けなかったアルバムも聴けるようになり、大変うれしい限りです。

先日、年末に録画しておいたTBSの「情熱大陸」を観て、また聴いてしまいました。

2010.01.23

宮良牧子 心の星  

琉球音楽に最初にのめり込んだのは、1993年頃で、ネーネーズのCD「あしび 」を聴いたあたりからでした。

それ以来、何度となく琉球音楽への揺り戻しがありましたが、宮良牧子さんの歌は衝撃的でした。

こんなに心に響く歌い手がいるのか。「わしたヤイマ」、「カラ岳」、「星を追いかけて」などなど。

何気なく、そして何処か懐かしい光景の「recorder II」も彼女らしい世界観が出ていて好きな歌です。

とても完成度の高いアルバムで、もっともっと彼女の歌が聴きたくなる一枚です。

彼女の歌を評価し、必要としている人は多く、いつまでもその人たちに届く歌を歌って欲しいと思います。

2010.01.20

私の中での名盤に入る一枚