TOP > こだわり > My Favorite CD > 2014年 My Favorite CD

2014年 My Favorite CD

中川イサト お茶の時間  

1973年の中川イサトは、加川良のアルバム「やぁ」に参加し、その後、この「お茶の時間」をリリースしました。

当時は、そうした流れでこのアルバムも購入し、特にフィンガーピッキングをマスターしたくて、何度も何度もアルバムを聴きました。

そして、このアルバムは、ギターの練習曲としての一面もありましたが、曲がめちゃくちゃ素敵でした。

このまったりとした雰囲気が気持ちが良くて、その後も何度も聴いていました。

その後、時は流れ、プレーヤーも壊れて聴く事も出来なくなってしまいましたが、ある時、無性にこのアルバムを聴きたくなり、CD盤が出ていたので購入しました。

今聴いても、この独特の雰囲気は、当時と変わらずに気持ちが良く、今も大切なアルバムになっています。

2014.06.26


中島みゆき 短篇集  

今年になり、中島みゆき繋がりで、台湾のFB友達が増えました。

話を伺うと、台湾でも根強い人気があるとの事。

調べてみると、確かに中島みゆきをフィチャーするウェブサイトもあって、コアなファンも多くいるようでした。

当初、中島みゆきについては、ヤマハのポプコン(ポピュラーソング・コンテスト)で入賞してデビューという認識でしたが、オールナイトニッポンのイメージもあって、注目して聴くという感じにはなりませんでした。

年齢が比較的に近いという事もあるのかも知れません。

彼女の曲に注目するようになったのは、やはり「プロジェクトX」の影響が大きかったように思います。

そんな中で買ったのが、この「短篇集」でした。

この当時の時代背景もあると思いますが、このアルバムで、初めて中島みゆきの歌詞に注目するようになり、その他のアルバムも聴くようになりました。

聴いてみると、いくつかの知っているエピソードもあって、確かに同じ時代を過ごしてきた事を感じました。

振り返ると、中島みゆきは、日本でとても希有なミュージシャンです。

2014.06.26

Rie fu Rie fu  

今年も整理が進まないまま半年が過ぎてしまったので、これはまずいと整理を再開です。

まずは、昔良く聴いていた「Rie fu」を取り上げました。

2004年に「decay」が FM局から頻繁に流れてきて、何か心地よいメロディ、一体どんな歌手?と思って買ったのが、デビューシングルの「Rie who?」でした。

その後、もっと色々な曲を聴きたいと思っていた中、半年後にリリースされたのが2枚目のシングル「Life is Like a Boat」。

そして、翌年にリリースされたのがこのアルバム「Rie fu」です。

彼女の歌を最初に聴いた時、70年代のような、とても懐かしい楽曲に驚き、新しい歌手が出てきた事を感じました。

調べると、彼女の育ってきた環境も少しずつ分かり、ますます応援したいミュージシャンになりました。

2014.06.26

私の中での名盤に入る一枚