TOP > こだわり > My Favorite CD > 2015年 My Favorite CD

2015年 My Favorite CD



岡林信康 1973PM9:00→1974AM3:00  

このアルバムも、プレーヤーが壊れてしまい、聴けなくなってしまったアルバムの一枚でした。

もう一度、この「I SHALL BE RELEASED」を聴きたいと思っていて、CDの復刻版を待っていてました。

今回、久しぶりに聴いてみると、こうして41年ぶりに聴いていることが嘘のようです。

41年が経ち、世の中が変わり、私の社会の見方、考え方も変わりましたが、今は、単純に懐かしいの一言です。

1973年から1974年というと、音楽の興味が、フォークソングからJazzに移り変わる時でしたが、このアルバムは、よく聞いていました。

この時のバックは、錚々たる以下の面々でした。
・はっぴいえんどの松本隆(Dr)
・はっぴいえんどの細野晴臣(Eb)
・オリジナル・ムーンライダーズの矢野誠(Eg)
・はちみつぱいの鈴木慶一(Kb)
・ごまのはえの伊藤銀次(Kb)

2015.11.11

五つの赤い風船 ゲームは終わり(解散記念実況盤)[完全版]  

高校時代、幾度となく聞いたアルバムである。

そして、このアルバムも、プレーヤーが壊れてしまい、聴けなくなってしまったアルバムの一枚でした。

以前に、何回か聞きたいと思って、CDの復刻版が出ていないのかを調べました。

そして、2003年の発売に気付いた時は、もう、その入手は困難でした。

今回、また無性に聴きたくなり調べたら、なんと、今年の8月に、「ゲームは終わり(解散記念実況盤)[完全版]」として発売されたことを知りました。

早速購入しようとすると、既に「Amazon」では売切れ状態、ほかのオンラインショップを探して、今回、ようやく入手することができました。

当時は、プレーヤーにレコード盤をセットして、針を落とすと、流れてくるのが、オープニングのトークでした。

それを、ワクワクしながら聴いていました。

そして、久しぶりに聴く藤原秀子の声で、身震いしながら、当時の「五つの赤い風船」のことを思い出しました。

また、「遠い世界に」の前の西岡さんのMCも、実に懐かしく、このMCで、将来、どんな形でまた「五つの赤い風船」を見ることができるのだろうと、当時、夢見ながら聴いていました。

フーコちゃんなんか、私はおばんになってもやるわ」と言っていたのに、調べると、藤原秀子は、2013年に亡くなり、東祥高は、2012年に亡くなっていたことを知りました。

お二人のご冥福を祈るとともに、1972年に観た、そして聴いた藤原秀子が居ないことに、とても寂しい気持ちになりました。

とても残念でなりません。

今回の「完全版」では、当時聞けなかった、「追い出しコンサート」のボーナストラックが収録されていました。

2015.11.10

私の中での名盤に入る一枚