TOP > こだわり > My Favorite CD > 台湾の音楽 > 2012年のTOP3アルバム

2012年のTOP3アルバム(Top 3 Album of 2012)

2012年の春から「台湾の音楽」を聴き始めました。

そこで、短い期間ではありますが、2012年にリリースされたアルバムの中から、自分なりに素晴らしいと感じたアルバムを整理し、選ぶ事にしました。

アルバムの独創性、音楽の方向性が感じられるもの、ミュージシャンのメッセージ性、完成度の高さ、そして、私自身がワクワクしたものを基準に選考しました。

*アルバムの列びは発売日順とし、評価順位ではありません。

JS 聽見 

 

JSは、兄の陳忠義(Justin)と妹の陳綺萱(Sophia)の兄弟ユニットです。

選んだアルバムは、5月にリリースされた聽見です。

淡々と流れる独特のメロディーで、自然と彼らの世界に引き込まれて行きます。
アルバムは、どれも素敵な楽曲です。

アルバムを紹介する一曲としては、聽見にしました。



2013.05.23 動画を変更

Oli杭士琁 首張全創作專輯 

 

2012年 My Favarite CD」でも紹介しましたが、杭士琁のデビューアルバムです。

オリジナル曲で構成されたアルバムになっていて、どれも彼女らしい世界で溢れています。

カントリーソング的なもの、元気なものからじっくり聴かせる曲まで、どれも魅力的です。
お気に入りのアルバムになりました。

彼女を見ていると、この先どんな音楽を聴かせてくれるのか、今後の活躍も期待したいミュージシャンです。

この声も、とても魅力的です。

アルバムを紹介する一曲としては、愛與被愛にしました。

PiA樂團 真心話 

 

このアルバムも「2012年 My Favarite CD」で紹介しました。

PiA樂團は、ギター担当の吳蓓雅(Pia)とウクレレ担当の江松霖(小松)の二人組です。

2007年に、3人グループ「Layover」としてスタートし、その時は、まだ小松は入っていませんでした。

2008年に小松が加わり、メンバーの変遷があって現在の形になりました。

真心話は、それぞれが作った楽曲で構成されていて、独特の心地良い世界が展開していきます。

アルバムを聴いていると、なぜ若い二人が、こんな素敵なアルバムを作れたのかと、彼女たちの実力に感心してしまいます。

商業ベースでのセールスは難しい音楽ですが、明らかに私の中では、名盤に加えられる一枚だと思います。

彼女たちの音楽を聴いていると、同じようなグループが他に浮かんできません。
本当に希有なグループだと思います。

今残念なのは、2013年になり、グループを解消して、それぞれが別の道を歩む発表があった事です。
そのため、このアルバムは、彼女たちの最初で最後のアルバムになりました。(アルバムとしては)

アルバムを紹介する一曲としては、寶貝多多にしました。