ホーム > 道の駅 > 旅行記 > 旅行記 台北 十分 結婚式 烏來 蘇澳 2013.06.20〜2013.06.28

旅行記 台北 十分 結婚式 烏來 蘇澳 2013.06.20〜2013.06.28

6月23日のIさんの結婚式に参加する為に台湾に行ってきました。

以下の項目を選択すると、直接そのページに飛びます

ページ  台北  十分  結婚式  烏來  蘇澳  まとめ

2013.6.20(木)曇り 

成田空港から10:30発「BR0195」で出国,13時(台湾時間)過ぎに「桃園国際空港」に到着しました。

今回の宿泊先は、台北バスターミナル(台北轉運站)の上の「iTaipei Service Apartment(京站國際酒店式公寓)」です。
駅からは、雨が降っても濡れずに戻れる、とても便利な場所でした。

夕食は、小籠包を食べに「點水樓」に行きました。(台北市忠孝東路三段300號SOGO復興館11樓)

その後、地下2階に移動すると、そこには大好きな「鼎泰豐」があって、大勢の行列が出来ていました。
「點水樓」は、並ぶ人もいなく、中には数組の人しかいなかった為、大きな違いです。

その後は、「微風広場」の方に移動し、今回行きたいと思っている「百果園」を探しに歩きました。
途中、人に尋ねて行ったのですが、この日は見つけることが出来ませんでした。

2013.6.21(金)晴れ 

Wさんのご主人に「菁桐車站」まで車で送ってもらい、その周辺を散策しました。

平溪線に乗って「十分」に行き、「十分大瀑布」まで歩きました。

夕食は、「杭州小籠湯包」に行きました。(台北市中山區杭州南路二段17號)

2013.6.22(土)晴れ 

マンゴーかき氷を食べに「百果園」に行きました。(台北市敦化南路一段100巷7弄2號)
20日は見つけられなかったので、今回は充分に調べて行きました。

10:20頃に到着、既に1組の先客がいました。
話を伺うと、名古屋の人たちで、ここがお気に入りとのことでした。

彼女たちが飲んでいた「マンゴーヨーグルト」も頂きました。
マンゴーがめちゃくちゃに美味しかったです。

お昼は、昨年食べるのを忘れてしまった「豆漿」を食べに、「阜杭豆漿」に行きました。(台北市忠孝東路一段108號2樓之28)
到着したのが12:50、既に閉店時間を過ぎていたので、すんなり入ることが出来ました。
初めての「豆漿」で、日本では食べたことの無い、とても美味しい食べ物でした。

2013.6.23(日)晴れ 

台北発5:30の「莒光655」で、友人のいる「豐原」に行き、タクシーで友人宅に行きました。(8:25到着)
既に結婚式の準備中です。

9時に新郎が到着し、新婦の部屋に辿り着くまでに、様々なゲームが行われました。
なかなか新婦の部屋に辿り着けません。

最上階に移動して儀式。
ご両親に挨拶、そして新郎の家に移動しました。

新郎の家に到着した後は儀式。

儀式が終わると、披露宴会場に移動して披露宴です。
12時前に会場に到着して、受付を済まし、食事をしていると、いつの間にか新郎新婦の入場となりました。
途中にお色直しが2回あり、14時半過ぎに披露宴が終了しました。



豐原から台北への移動は、高速バスを利用しました。
昨年も礁溪から台北への移動にバスを使いましたが、台湾のバスはとても便利です。

2013.6.24(月)晴れ 

マンゴーかき氷を食べに「ICE MONSTER」に行きました。(台北市大安区忠孝東路四段297號)
マンゴーの品質は、「百果園」の方が上質でした。

お昼は、「豆漿」を食べに、「永和豆漿大王」に行きました。(台北市復興南路二段102号)
注文は、日本語のメニュー出してくれたので、問題なく注文できました。
鹹豆漿、焼餅油條夾蛋を食べました。

夕飯を食べに「寧夏夜市」に行ったのですが、食べたいものが見つからず、「台北車站」の2階のフードコートで食べました。

2013.6.25(火)晴れ 

烏來に行き、川沿いの露天公共浴池に入りました。
日本語が話せるお年寄りと長話をしたり、日本に行ったことがあるという女性からお茶を頂いたりのとても楽しい時間でした。

トロッコ列車で「瀑布站」まで行き、烏來瀑布を散策。
また、雲仙樂園ロープウェイ(雲仙樂園空中纜車)で、雲仙樂園に行きました。

烏來の「国際岩湯」に入りました。

2013.6.26(水)晴れ 

今日は一日、Wさん夫婦と一緒です。

宜蘭の国立伝統芸術センター(国立伝統芸術中心)に行きました。

お昼は、「富美活海鮮」で料理を頂きました。(宜蘭縣蘇澳鎮海邊路111號)
Wさんの息子さんの配偶者のご両親に食事を振る舞われるという、直接面識の無いご夫婦から接待を受けました。

「南方澳觀景台」に行きました。

「蘇澳冷泉」に入りました。
22℃前後の水温で、入るのには勇気がいる温泉でした。
炭酸泉ですが、匂いを嗅ぐと、鉄泉のような匂いがしました。

2013.6.27(木) 晴れ 

またも朝食を食べに「阜杭豆漿」に行きました。
前回は冷たい豆漿のつもりが米漿だったようで、今回は暖かい豆漿を注文しました。

板南線の終点まで行きたいと思い、「南港展覧館站」に行って「南港展覧館」に行きました。
この日は、フード関係の展示会をしていて、関係者のみが入場できる展示会でした。

文湖線に乗り換えて終点の「動物園站」に行きました。
そこから猫空ロープウェイ(貓空纜車)で、猫空駅(貓空站)に行きました。
近くの喫茶店を物色し、「紅木屋休閒茶館」でコーヒーブレイクをしました。
とても気持ちの良い場所で、夜の景色も見てみたい場所でした。

夕食は、小籠包を食べに、「鼎泰豐」の本店に行きました。(台北市大安區信義路二段194號)
やはり、私たちの口には、ここの薄皮の小籠包が一番美味しいと感じました。

2013.6.28(金) 晴れ 

朝食を食べに、またもや「阜杭豆漿」に行きました。
9:10頃に到着して1時間列びました。
そうまでしても食べたい美味しさです。

帰国は、桃園空港から14:50発の「BR0196」に乗り、成田空港には19:10(日本時間)頃に到着しました。

成田からは車で、21:08に自宅に無事到着しました。

まとめ 

総日数
9日

感想

今回の台湾旅行は、Iさんの結婚が決まったため、急遽彼女の結婚式に参加するために計画をしました。

そして、初めての台湾の結婚式では、様々な誤解が発生し、台湾と日本の結婚式の違いを感じました。
台湾の結婚式は、場所や出身の違いによっても大分やり方も違うようです。

今回は「台中」での結婚式でしたが、今回感じたことは、後日、別のページで整理しようと思っています。

Iさんのご家族とは、昨年の2月にお会いしているので、1年4ヶ月ぶりの再会です。
今回、Facebookで拝見していた親族の方々にも初めてお会いし、それは不思議な感覚でした。

また今回の台湾旅行で、結婚式以外に、次のことを期待していました。

  • 昨年食べ忘れた「豆漿」を食べたい。
  • フルーツがおいしい季節なので、台湾の美味しいフルーツを食べたい。
  • 台中の「鼎泰豐」が美味しかったので、台北の本店にも行ってみたい。
  • 台湾のマニアックな温泉に入りたい。

「豆漿」は、本当に美味しい食べ物でした。
また「阜杭豆漿」の行列は、テレビでも拝見していましたが、毎日のことなので、驚きです。
平日の午前中に並ぶのは、どんな人?

フルーツも、とても美味しかったです。
パイナップルは、缶詰のように甘く、バナナも日本で食べてるものとは違うものでした。
「百果園」については、高級フルーツ店といった感じで、扱っている果物も高価ですが、品質もとても上質なものでした。
また行きたいお店です。

小籠包については、厚皮のモチモチしたものが好きであれば別ですが、私には「鼎泰豐」の薄皮が美味しいと感じました。

温泉については、予定していた所に行くことが出来ました。
「露天公共浴池」は、いつまでも入っていられる温泉で、とてものんびりしました。

  • 烏來溫泉 露天公共浴池
  • 蘇澳冷泉

最後に、今回の旅行では、空港と宿泊先の移動や台湾観光でWさん夫婦に、多くの支援を頂きました。
ありがとうございました。

また今回出会った方々、本当にありがとうございました。
台湾は、また行きたい場所です。