TOP > Photo Diary > 2018年 Photo Diary

2018年 Photo Diary

2018.02.19 島料理 海響(いすん)に行きました。 



昨日の夕方、行ったのですが、予約をしていないと難しいとのことで、予約をして今日伺いました。
とても賑わっていて、国内、海外の旅行客も来ていて満席でした。
飲み物、料理を注文して楽しんでいると、後から来た地元の人と話が弾み、その後の料理、ビールを奢ってもらうことになりました。
面白いことのあった「島料理 海響」でした。

2018.02.19 東崎(あがりざき)に行きました。 



与那国島は小さな島で、毎日のように、同じ場所を周遊しました。
写真は、比較的に天気の良かった日の東崎(あがりざき)です。
牧場になっていて、のんびりとした場所でした。

2018.02.18 日本最後の夕日が見える丘に行きました。 



今回の与那国島の旅行は、5泊だったのですが、晴れた日が少なく、綺麗な夕日が見られなくて残念でした。
この日も最後は、雲に沈む夕日でした。

2018.02.18 与那国島の海底遺跡を見に行きました。 



当日、「ジャックスドルフィン」に予約をして、グラスボートで海底遺跡を見に行きました。
グラスボートから見える光景なので、スキューバダイビングで見られる光景とは違いますが、とても不思議な光景を見る事ができました。
当日の海上は波が荒く、船酔いをする人も、数名いました。
また、料金は6000円でしたが、「アイランドホテル与那国」に宿泊していると伝えると、5000円で乗る事ができました。

2018.02.18 日本最西端の地に行きました。 

与那国島は、台湾から111Kmの地点にあり、ここから台湾を見たいと思いましたが、やはり見ることはできませんでした。
自宅から富士山が見えるのは、空気が澄んでいる冬が多いのですが、与那国島から台湾が見えるのは、冬ではなく、夏から秋にかけてとのことでした。

2018.02.17 モイストロールカフェに行きました。 





マスターは、宮城県の人で、与那国島の様子を聞きながら、ロールケーキを食べて、コーヒーブレイクをしました。

2018.02.16 久部良バリに行きました。 



若い頃に、沢木耕太郎の「見えない共和国」を読んで、それ以来、いつか行って見たいと思っていた「与那国島」に行きました。
「久部良バリ」を知ったのも、その本からでした。

2018.02.06 チバニアンを見に行きました。 





昨年ニュースになった、チバニアン(田淵の地磁気逆転地層)を見に行きました。