ホーム > Photo Diary > 2020年 Photo Diary

2020年 Photo Diary

2020.6.1 「鹿の王」を読みました。 


新型コロナ禍の中、「鹿の王」を読みました。

物語は途中から、武田邦彦先生が「虎ノ門ニュース」の「寿命と長寿のサイエンス」の中で言っていたことと重なる部分があり、今この時期に、面白い本に出会ったものだと感じました。

そして、人としての生命とはなんなのか。
病気とはなんなのか。
いろいろ考えさせられる一冊になりました。

2020.3.20 「新宿御苑」に行きました。 













東京の桜が見頃を迎えているというので、今年、初めての「新宿御苑」に行きました。
そして、今日は、「新宿御苑無料開園日」になっていて、初めての経験で、大変驚きました。
 
桜については、早咲きの「陽光」が、ちょっとピークを過ぎており、「枝垂れ桜」も、ピークから2~3日過ぎた感じでした。
そして、「染井吉野」については、まだ早くて、あと5日ほどでピークを迎える感じがしました。
 
今年は、「武漢肺炎」の影響で、外国人は少なく、多くの日本人が、花見を楽しんでいました。
また今年は、園内に「スターバックス」がオープンして、何かのイベントなのか、長い行列ができていました。

 2019年 Photo Diary                                                                

2020.3.13 「ヒカリヤ ニシ」でランチをいただきました。 









「ヒカリヤ ニシ」で、ランチコースをいただきました。
 
http://hikari-ya.com

2020.3.12 横谷温泉に入りました。 







「横谷温泉旅館」の温泉を楽しみました。

2020.3.9 「Fukushima50」を観ました。 

先週のネットニュースで、門田隆将さんが紹介していた「Fukushima50」を観てきました。
 
今年は、東日本大震災が発生して、9年。
あの時、福島原発で何が起こっていたのか、吉田所長の観点で、原発事故を再確認しました。
 
そして、映画を観ていると、あの時の日本政府の状況が思い出されるし、もっと現場の意見を尊重して行動していたら、また、正しい状況を伝えていたら、結果が変わっていのかもしれないと感じました。
 
初めての経験で、残念なことも多くありましたが、私たちは、この時の経験を後世に伝え、今後の教訓にしていかなければならないと感じました。
そして、あの時の現場で頑張っていた人たちにより、今の日本が救われたことを知りました。

2020.1.18 「やなわらばー first live 2020」に行きました。 



やなわらばーを知ったのは、2000年代前半で、彼女たちの歌声やメロディに惹かれ、いつか、実際に見てみたいと思っていました。
そして、初めてコンサートに行ったのは、2008年4月の「日本青年館」でした。
 
その後、アルバムを聴いて楽しんでいましたが、そのまま月日が流れ、今回、やなわらばーが、2020年11月に解散してしまうことを知り、2020年の最初のライブに行きました。
 
当日は、昼と夜の2回のステージがあり、昼は「田舎」、夜は「都会」を意識した曲目になっているとのことでした。
そして今回は、夜の部に参加しました。
 
会場は、常連のファンが多く、楽しいひと時を過ごしました。

 

2020.1.8~9 「Spa Resort Hawaiians」に行きました。 













1966年に、「常磐ハワイアンセンター」が誕生。
 
小さい頃は、テレビでよくコマーシャルを見ていました。
 
そして、2006年の「フラガール」の映画化では、誕生時のいろいろな出来事を知りました。
また、震災後の「フラガール 全国きずなキャラバン」も、元気をもらった出来事でした。
 
そうした、「Spa Resort Hawaiians」に、今回、初めて行きました。
 
夜のハワイアンショーでは、最後に流れてきたのが、「フラガール」のエンディング曲で、映画のシーンがよぎり、思わず「うっ」ときてしまいました。
 
毎日行われているショーですが、ダンサーたちの一生懸命さに感動しました。そして、このような場所があることに安堵し、またいつか、行ってみたい場所になりました。

 2019年 Photo Diary