TOP > その他 > パソコン > Armbian 5.35 導入設定 (Tinker Board)

Armbian 5.35 導入設定 (Tinker Board)

Tinker Board に Armbian をインストールするにあたり、設定手順を整理しました。

2017.12.25

SDカード作成


#「microSDカードのフォーマット」

パソコン環境が Mac のため、microSDカードのフォーマットは、「SD Association」の Mac 用のフォーマッターを利用しました。


上記フォーマッターを Mac にインストールし、microSDカードをセットして、フォーマッターを起動します。


フォーマット」をクリックしてmicroSDカードをフォーマットします。

#「OSをダウンロード」

Tinkerboard用の「Armbian」は、以下のサイトの「Ubuntu desktop – legacy kernel」を使用しました。
  ファイル名は、「Armbian_5.35_Tinkerboard_Ubuntu_xenial_default_4.4.102_desktop.7z」となっていました。(2017.12.23 時点)

  ダウンロードしたサイト→ https://www.armbian.com/tinkerboard/

#「ダウンロードした「Armbian」のイメージファイルを、microSDカードに書き込み」

microSDカードを確認するために、Macの「ターミナル」から次のコマンドを入力します。

  • $ diskutil list
  • この例の場合、microSDカードは、「disk2」であることがわかります。


イメージファイルを書き込むために、microSDカードをアンマウントします。(コマンドは、microSDカードが「disk2」の場合です)

  • $ diskutil unmountDisk /dev/disk2


dd」コマンドを利用して、イメージファイルをmicroSDカードに書き込みます。(コマンドは、microSDカードが「disk2」で、イメージファイルのあるフォルダにルートを変更した時の場合です)

  • $ sudo dd if=Armbian_5.35_Tinkerboard_Ubuntu_xenial_default_4.4.102_desktop.img of=/dev/rdisk2 bs=32m

2018.01.29 ddコマンドのバッファリングサイズを変更

インストール


Tinker BoardにmocroSDカードをセットして、起動します。

ログイン待ちの画面になるので、以下の内容でログインします。

  • tinkerboard login: root
    Password: 1234


rootパスワードの変更画面になるので、カレントパスワードを入力し、新しいパスワードを設定します。

  • Changing password for root.
    (current) UNIX password: 1234
    Enter new UNIX password: 新しいパスワード
    Retype new UNIX password: 新しいパスワード


新しいユーザー設定の画面になるので、新しいユーザー名、パスワードを設定します。

  • Please provide a username (eg. your forename): 新しいユーザー名
    Enter new UNIX password: 新しいパスワード
    Retype new UNIX password: 新しいパスワード


以下のメッセージが出たら、その後、Enterで返答します。(5回)

  • Enter the new value, or press ENTER for the default


以下のメッセージが出たら、下記のように返答します。

  • Is the information correct? [Y/n] y


以上で、Armbianの基本的な設定が終了し、デスクトップ画面が表示されます。

日本語化設定(CUI設定)


日本語化設定は、Armbianのターミナル、または、SSH経由で接続したパソコンから実行します。
今回は、Macのターミナルから実行しますが、Armbianのターミナルから実行する場合は、この項目は必要ありません。

Macのターミナルから、SSHコマンドでArmbianに接続します。
  

  • $ ssh 上記で設定したユーザー名@tinkerboard.local

  • Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes

  • 上記で設定したユーザー名@tinkerboard.local's password: 上記で設定したユーザー名のパスワード

日本語関連のパッケージをインストールします。

  • $ sudo apt update
  • $ sudo apt install $(check-language-support -l ja)

レポジトリを更新し、パッケージのアップデートをします。

  • $ sudo apt update
    $ sudo apt upgrade

タイムゾーンの設定をします。

  • $ sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

日本語キーボードの設定をします。(「OADG 109Aキーボード」に設定します)

  • $ sudo localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE="ja_JP:ja"
  • $ sudo localectl set-keymap jp106
  • $ sudo localectl set-keymap jp-OADG109A

再起動します。

固定IPの設定(CUI設定)


interfacesの編集

  • $ sudo nano /etc/network/interfaces

 interfacesの編集項目

  • 「# Wired adapter #1」の「iface eth0 inet dhcp」をコメントアウトし、「# Wired adapter #1」に、以下を追加します。(「192.168.1.5」にする場合)

  • iface eth0 inet static
    address 192.168.1.5
    netmask 255.255.255.0
    gateway 192.168.1.1
    dns-nameservers 192.168.1.1

x11vncの設定(CUI設定)


x11vncのインストール

  • $ sudo apt install x11vnc

vnc接続時のパスワードを設定

  • $ sudo x11vnc -storepasswd /etc/x11vnc.passwd

  • Enter VNC password:xxxxxxxx
  • Verify password:xxxxxxxx
  • Write password to /etc/x11vnc.passwd? [y]/n y
  • Password written to: /etc/x11vnc.passwd

自動起動の設定ファイルを作成

  • $ sudo nano /etc/systemd/system/x11vnc.service

  • [Unit]
    Description=Start x11vnc at startup.
    After=multi-user.target
  •  
  • [Service]
    Type=simple
    ExecStart=/usr/bin/x11vnc -auth -forever -bg -xkb -loop -noxdamage -repeat -rfbport 5900 -shared -rfbauth /etc/x11vnc.passwd
  •  
  • [Install]
    WantedBy=multi-user.target

リロード

  • $ sudo systemctl daemon-reload

サービスの有効化

  • $ sudo systemctl enable x11vnc.service

x11vncの起動

  • $ sudo systemctl start x11vnc

Sambaの設定(CUI設定)


Sambaのインストール

  • $ sudo apt install samba

Samba用アカウントの作成

「Samba用アカウント」は、既にあるアカウント、または、新たに作成したアカウントを指定します。

  • $ sudo pdbedit -a 「Samba用アカウント」

  • new password:xxxxxxxx
  • retype new password:xxxxxxxx

smb.confの編集

  • $ sudo nano /etc/samba/smb.conf

 smb.confの編集項目

  • 「Global Settings」の「#### Networking ####」に、以下を追加する。

  • #SMB3
  • max protocol = SMB3

  • 「Global Settings」の「####### Authentication #######」の「map to guest = bad user」の先頭に「#」を入れて、コメントアウトする。
  • 「Share Definitions」の[homes]と、それに続く「comment = Home Directories」、「browseable = no」の先頭の「;」を外す。
  • 上記の行に、以下の内容を追加する。

  • path=/home/%S
  • writable = yes
  • create mask = 644
  • directory mask = 755
  • その下の方にある「read only = yes」の先頭の「;」を外し、「read only = no」に変更する。

リロードsmbd、nmbdの実行

  • $ sudo systemctl start smbd nmbd

起動時の自動実行化

  • $ sudo systemctl enable smbd nmbd

※ もし、smb.confを変更した時は、以下のコマンドで再起動

  • $ sudo systemctl restart smbd nmbd

2018.01.29 「smb.conf」の設定を一部変更

パッケージ管理(GUI設定)


GUI用の「パッケージ管理ソフト」をインストール

  • Software Boutique」を起動します。



Software Boutique」の「More Software」を選択し、「Software」と「Ubuntu Software Center」をインストールします。