ホーム > その他 > パソコン > Xubuntu 14.04 導入設定

Xubuntu 14.04 導入設定

低スペックのパソコンは、お遊び用に、Xubuntu をインストールして利用しています。
そこで、毎回時間がかかる、Linux の環境設定について、手順を忘れないように、実施した内容を明記しておくことにしました。

Xubuntu は、Ubuntu の軽量化ディストリビューションです。デスクトップ環境が、重たい「Unity」から軽量の「Xfce」に変更されています。

  Ubuntu + Xfce = Xubuntu

2015.12.05
2017.02.14 タイトル変更

インストール


現在、Xubuntu の最新版は、「Xubuntu 15.10」 が入手できますが、今回は、 安定版の「Xubuntu 14.04.3 LTS (Trusty Tahr)」を入手し、インストールをしました。

  今回ダウンロードしたサイト→ http://ubuntutym2.u-toyama.ac.jp/xubuntu/14.04/release/

ようこそ」画面は、「日本語」を選択して、「Xubuntu をインストール」をクリック。

Xubuntu のインストール準備」画面では、以下の両方にチェックを入れて、「続ける」をクリック。
   ・インストール中にアップデートをダウンロードする
   ・サードパーティーのソフトウェアをインストールする

インストールの種類」は、「ディスクを削除してXubuntuをインストール」を選択して、「インストール」をクリック。
  その後、「ディスクに変更を書き込みますか?」の警告が出ますので、「続ける」をクリック。

どこに住んでいますか?」画面は、「Tokyo」になっていることを確認して、「続ける」をクリック。

キーボードレイアウト」画面は、「日本語 - 日本語 (OADG 109A)」を選択して、「続ける」をクリック。

あなたの情報を入力してください」画面は、以下の項目を入力し、「自動的にログインをする」を選択して、「続ける」をクリック。

  • ・あなたの名前
  • ・コンピュータの名前
  • ・ユーザーの入力
  • ・パスワードの入力
  • ・パスワードの確認

x11vncの設定(CUI設定)


x11vncのインストール

  • $ sudo apt-get install x11vnc


vnc接続時のパスワードを設定

  • $ sudo x11vnc -storepasswd /etc/x11vnc.passwd

  • Enter VNC password:xxxxxxxx
  • Verify password:xxxxxxxx
  • Write password to /etc/x11vnc.passwd? [y]/n y
  • Password written to: /etc/x11vnc.passwd


自動起動の設定ファイルを作成

  • $ sudo vi /etc/init/x11vnc.conf

  • start on login-session-start
  • script
  • x11vnc -display :0 -auth /var/run/lightdm/root/:0 -rfbport 5900 -forever -loop -bg -xkb -repeat -geometry 1024x768 -rfbauth /etc/x11vnc.passwd
  • end script


x11vncの起動

  • $ sudo initctl start x11vnc

x11vnc起動時のオプション

-display :0
ディスプレイ番号
-auth /var/run/lightdm/root/:0
xauthの指定
-rfbport 5900
ポート番号
-forever
VNCビューワーからの接続が終了しても、再接続が可能になる
-loop
不具合時に再起動する
-bg
x11vncをバックグラウンドで動作
-xkb
LinuxのXKeyboardを拡張し、LinuxでもShiftとかが打てる様になる
-repeat
キーリピートを有効にする
-geometry 1024x768
クライアント側に表示されるディスプレイ画面の解像度
-rfbauth /etc/x11vnc.passwd
パスワードファイルのパスを指定する

2017.03.26 「x11vnc」のオプションに「-repeat」を追加

Samba 導入設定(GUI設定)


必要なアプリケーションのインストール
 ・「メニュー」 > 「Ubuntuソフトウェアセンター」から「Samba」、「GADMIN-SAMBA」をインストールします。

共有フォルダの設定
 Mac、Windowsと共有したいフォルダを右クリックして、「プロパティ」を選びます。
 「アクセス権」タブをクリックし、「アクセス権」と「それ以外の人達」を「読込と書込」にします。

Sambaの設定
 ・「メニュー」 > 「すべて」 > 「Samba」を起動します。

  • この時、「コマンド gksu system-config-sambaの実行に失敗しました」のメッセージが表示された場合は、次の処理をします。

      「メニュー」> 「ターミナルエミュレーター」を起動します。
      ターミナルが起動したら、以下のコマンドを入力し、パスワードを入力します。「Y/N」と聞かれた場合は、「」を入力します。

       $ sudo apt-get install gksu 


 ・「メニュー」 > 「すべて」 > 「Samba」を起動し、「パスワード」を入力して「OK」。

 ・「Sambaサーバー設定」画面で、「」をクリックすると、「Samba 共有を作成」画面が表示されますので、その「ディレクトリ」の右にある「閲覧」をクリックします。


 ・「ディレクトリを選択」画面で、共有したいフォルダを選択して、「OK」をクリックします。


 ・「Sanba 共有を作成」画面に戻り、「ディレクトリ」、「共有名」に、共有したいフォルダの情報が入ります。
  「記述」の入力は、任意です。
  「書き込み可能」と「可視」にチェックを入れます。

  •  「可視」にチェックを入れると、クライアントにブラウジングされて、直接、フォルダに接続できます。
    また、チェックを入れなかった場合は、不可視状態のため、フォルダ名を指定して接続をします。
     


 ・「アクセス」タブをクリックし、「誰でもアクセスを許可する」をクリックして、「OK」で閉じます。


 ・「プレファレンス」 > 「サーバー設定」を選択し、「ワークグループ」が、WINSのワークグループ名と同一になっていることを確認します。
  標準は、「workgroup」です。


 ・「セキュリティ」タブをクリックし、以下の設定になっていることを確認して、「OK」で閉じます。
    「認証モード」は、「共有
    「暗号化パスワード」は、「はい
    「ゲストアカウント」は、「ゲストアカウントなし


 以上で、「Samba」の基本的な設定は、終了です。

 ・「メニュー」 > 「ターミナルエミュレーター」を開き、以下のコマンドを入力して、Sambaを起動します。

  • $ sudo initctl restart smbd

 Sambaの稼動確認

  • $ service samba status


  ※ 「smbd」と「nmbd」が起動していることを確認します。

 Sambaのバージョン確認

  • $ sudo smbd -V


  ※ 今回インスートルされたバージョン Version 4.1.6-Ubuntu

日本語入力環境設定


必要なアプリケーションのインストール
 「メニュー」> 「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「IBus Anthy Setup」をインストールします。


PCを再起動して、IBusを有効にします。

言語サポートの設定をします。
 ・「メニュー」> 「設定マネージャー」> 「言語サポート」を起動します。
 ・「言語サポート」画面の「メニューとウィンドウの言語:」で、「日本語」が一番上にあり、「キーボード入力に使うIMシステム」が「IBus」になっていることを確認します。


 ・「地域フォーマット」タブをクリックし、「通常は以下の方式で数字・日付・通貨単位を表示する:」が「日本語」になっていることを確認し、「システム全体に適用」をクリックします。

スクリーンロック機能を解除


メニュー」> 「設定」> 「Light Lockerの設定」 を起動し、「Locking」項目の「Enable Light-locker」を「オフ」にします。